| blog top |

暑中お見舞い申し上げます



記事担当 磯貝剛

しばらく涼しい日が続いていたところに
また夏らしい暑さと突然の豪雨。

やっぱり夏なので体力の維持に気を使いますね。

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

ベッ甲イソガイではスタッフの大半がお休みを頂き、
亀戸店は23日の水曜日まで夏期休暇をさせていただいております。

ホームページには表記させていただいておりますが、
もし知らずにご来店したかたが居られましたら
大変申し訳ございません。

浅草店は通常通り営業をしておりますので
是非お立ち寄りください。

暑さがぶり返し、休みを取っている人びとを羨ましく思いつつ
わたくしは店長の代理として店で、せっせともの作りしています。

写真のてんとう虫などは自分でも
「何でこんな手間のかかるものを作っているのだろか?」
と不審になるほど頑張って仕上げました。

なにやら「風前の灯火」のように疲れた時ほど作業が乗ってくるもので、、、

皆さんに暑中お見舞い申し上げるつもりで書いておりますが
自分も夏に負けて倒れぬよう、あらためてセーブしようかと
思い直しました。

しばらく暑い日が続きそうですが、
皆さんも楽しく過ごしてください。

松屋銀座 本物を創る 職人展



暑い日が続きますが皆さん体調は如何ですか?

作り手は特に暑いときに駆り出され、
銀座でイベントを行います!

本物を創る 職人展
 松屋銀座 1階 スペース オブ ギンザ
 8月9日(水)〜15日(火)

出店される作り手はみんな、イベントのタイトル通り
尊敬すべき「本物」です。

コマや桶に江戸玩具
ブラシに錫にビーズ刺繍
染物、印傳、銅細工
切り子に珊瑚に竹細工
和装小物と江戸鼈甲!

楽しみだなあ。。
暑さに負けず頑張りたいと思います!

銀座にお越しの際は是非お立ち寄りください。


黒革の手帖 2

記事担当 磯貝剛

現在放送中の「黒革の手帖」でベッ甲イソガイの
かんざしを真矢ミキさんにお使いいただいているところで
毎週楽しみに観させて頂いています。

1話目にバッチリと使って頂けたので嬉しい限りです。



リーフデザインの白甲のかんざし。
真矢さんがこの角度の挿し方がお好みだというのもあって、
正面から見てもチラリとアメ色が黒髪に映えます。



パールをあしらったかんざし。


番宣のポスターにも使って頂けました。
こちらも真矢さんの挿し方のおかげで正面からよく見えました。

原作では真矢さん演じる、叡子の出番は冒頭のみ、
まさに1話でおしまい。

でもヘアメイクさんの義理堅いお約束のおかげで
毎回エンドロールにベッ甲イソガイのロゴを写して頂いてます。





それだけでも充分と、ドラマを楽しんで観ていたところ、、、、

5、6話の撮影で「また使用したい」とのお声かけが!
お話にアレンジをくわえて真矢さんの出番が回ってきたようです。

、ということでもしかしたら、またベッ甲イソガイのかんざしが
「黒革の手帖」で見られるかも!!

まだ使われるかすら分からないところですが
「また見たいなぁ」と当選結果を楽しみに待っているところです。

出張先で思うこと

記事担当 磯貝剛


私ほ只今 出張中です。

あと1日でイベントも終わりなのでちょっと
ホッとしてブログを書いてます。

今回の出張でも自分で惚れ惚れする仕上がりの出来映えの品物の人気が高く
処変われど、お客さんの見る目はしっかりしてるなぁ。
と思い知らされます。

ゲンキンなもので、売れてしまうと
「あー、もっといっぱい作っとけば良かった!」
とちょっとした欲が出てしまうところですが
いやいや、また丁寧にもの作りをしましょうと
自分に言い聞かせたりします。

とにかく帰ったらまた惚れ惚れする製造を作りたいなあと、
自分の作業台が恋しくなっている出張先の夜なのです。

夏休み職人の技体験 募集

うかうかしていてお知らせが遅くなりました。

べっ甲の体験教室が今週末に行われます。

体験内容は人気のべっ甲「耳かき」です。

使い心地抜群の耳かきをご自分の手で仕上げられますよ!

7月23日(日)
森下文化センター
午前10時〜 / 午後1時〜
参加費 2000円


子供さんも、大人もご興味こざいましたら是非是非、お申し込み下さい。夏休み職人の技体験
申し込みは
→森下文化センター:03-5600-8666

まで。

黒革の手帖


記事担当 磯貝剛

今回の記事はちょっとあらすじを書きますので
ドラマ「黒革の手帖」を初めてご覧になる方は
読まない方が良いかもしれません。


何度かドラマ化されているのでストーリーを
知ってる方も多いかもしれません。

で、今回ベッ甲イソガイがかんざしを撮影で
お貸ししたのは女優の真矢ミキさん。

役どころは主役 原口元子(武井咲さん)が夜の世界を
勉強する銀座のクラブのママさん、岩村叡子役です。

役の都合上おそらく、一話と二話で登場する位かと
思いますが、実は凄く重要な役どころだと原作を
読み返して確認しました。

物語は元子が悪知恵をフルに活用し、お金をかき集め、
夜の銀座の世界でのしあがっていくというもの。

お金をかき集める対象は、こちらも悪いことをして
お金を稼いでいる男たちから。

それはもう悪いことをしている人間がこんなにも!
と思いつつ、そんな人からお金をたかる元子が
そんなに悪いことををしているような気がしなくなるのが
この物語の凄いところ。

元子は銀座でのしあがっていきます。

物語を読んでいると、かなりの非合法でお金を集める
元子に感情移入をして、銀座の世界でトップになるのを
応援したい気持ちにすらなるのです。

こんな悪知恵でもう少しで銀座のトップに!

というところで、、、、

物語は「起承転落」!

元子は転落します。

悪いことはやはり罰っせられるのですね。

そして実はこのドラマでまともな人は真矢さん演じた
銀座のクラブのママ 岩村叡子ひとりだけじゃないかと思うのです。

そんなわけでまともな人にかんざしを貸したことに
ホッとしているわけです。


ドラマはテレビ朝日 7月20日(木) よる9時〜
黒革の手帖HP

是非ご覧下さい。

かんざしの似合うヒトー真矢ミキさん



記事担当 磯貝剛

極めてたまにしか着物を着ない私ですが、
たまに着てみると思いの外「日本人」であることを
実感します。

べっ甲の作り手としては着物に合わせるものとして
かんざしを作ることがあります。

かんざしには、長い年月をかけて完成された
バランスのようなものがありますので、
単に奇抜なモノを作れば良いという訳でなく、
私も作り手の先人たちに敬意を評しつつ
自分なりのオリジナルを探ります。

かんざしは、云わば日本人の作り手として
大事にしているアイテムなのです。

自分では着けることのないモノを作るとき、
どんな方に使って頂けるかとても楽しみです。



そして写真のものは何と、女優の真矢みきさんが
ドラマ「黒革の手帖」で実際着けてくれた
かんざしです。

ヘアメイクの方が目に止めてくれて、
ベッ甲イソガイに何度も足を運びようやく実現しました。

真矢みきさんが、かんざしを着用している写真は
残念ながらアップ出来ないのですが、

7月20日に始まるテレ朝ドラマ「黒革の手帖」にて
使われる“予定”です。

是非ともご覧下さい!

真矢みきさんのブログ

ドラマ「黒革の手帖」HP

江戸のバリュー



記事担当 磯貝剛

たまに関西に出張で来ることがあるのですが
「江戸」のくくりでデパートに出展するのは初めて。

関西から見た江戸 東京のイメージを垣間見る
良い機会を頂きました。

ひととき前まではベッ甲イソガイも職人展で都内、
そして出張していたのですが、江戸を括りにした
イベントの流行りの陰りもあってここ数年やや遠ざかっています。

そんな中、大阪の阪急さんが「江戸」を強く打ち出した
イベントをやりたい!参加してください!とのお声かけ。

場所は大阪の文化の交差点のような 阪急 祝祭広場というスペースです。



ベッ甲イソガイの商品を見る大阪の方々の反応も
興味津々でとてもやりがいがありました。

正直「江戸」のバリューも捨てたもんじゃないな!

外から東京を見るのも大切だな、と考えさせられたイベントでした。



それと、仕事終わりの一杯も格別なものでした。

また、呼んで欲しいなあ。
と思った経験です。

お誂え承ります

記事担当:磯貝剛

「お誂え承ります。」

そんなフレーズに憧れて日々研究するのが
もはや趣味のようになった、ものづくり生活をしている私ですが。

やったことのないお題を頂くと
妙に嬉しくなる習性があります。

普段は工房勤務の私ですから、たまにになるのですが、
店舗の当番の時、そんな有難いお題を頂けることがあります。



そしてこの、まさに完成されたプラチナのブローチ。

これをバラバラに分解する!?
これだけ完成されたものに、少々尻込みしました。

祖母の形見だといいますが、デザインがしっくりいかないと、
ご相談頂きました。

青いオパールを生かしたデザイン、
もっと大きく存在感のあるもの、
スッキリとした直線的なデザイン、
などなどのお題を頂きデザインの案を考え始めました。

が、しばらくして、デザインの提案しようかと、
図面を描き出した頃、お客様のイメージが固まったようで、
1枚のファックスが届きました。

やはり好みは自分自身が一番分かる。
それを素直にぶつけてきてくれました。


それにしてもここまでイメージを図にできるお客様も結構珍しい。
作り手としてのスイッチが入りました。

試行錯誤数ヵ月をかけて、ようやく完成!


今日お客様に納めることができました。

ブローチを鏡に映し込み、大変気にいったご様子に
私もホッとしました。

お誂え承ります!!


Interior Lifestyle Tokyo

若かりし頃ドイツのフランクフルト メッセで
「アンビエンテ」というイベントに参加したことがあります。

ここ数年、「インテリア ライフスタイル東京」
という展示会が東京のビッグサイトで名高くなってきていて、
その主催者は「フランクフルトメッセ」という会社のようで、
どういったつながりだろか?と常々意識していました。


今回、ご縁があって江東区のブースにて参加させていただく段になって
ようやく、この「インテリアライフスタイル」という展示会が
ドイツ・フランクフルトで開催されている
世界最大級の国際消費財専門見本市〈アンビエンテ〉。

その日本版の位置付けの展示会だということを確認しました。


ということでイベントの告知です。


interiorlifestyle TOKYO

■2017年6月14日(水)〜16日(金)
■東京ビッグサイト 西3ホール
J29 江東ブランドブース



初めて海外の大きな展示会に参加した時のものすごい興奮!

また思い出してみたいなと、思いつつ楽しみに準備しております。


プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集