| blog top |

日本らしき春の色


記事担当 磯貝剛

花粉症もちの私には大変な季節ではあるのですが、
モノトーンだった街の色が突如、鮮明さを増してくる事には
やはり心ウキウキします。

そして東京でも今週末あたりは桜のピンク色が青空に
鮮烈なコントラストを写し出してくれるか!と期待していましたが、、、、、

あいにくの雨。
そしてとても寒い。

今回のブログは「桜」をテーマに書くことを
自分自身に秘かに誓っていたので、他のテーマに変更する
心の融通がきかず、、、、

という事が言い訳で今回は
咲く直前の「桜の蕾と青空」の写真でお茶を濁しているのが恐縮ですが、
必ず上手いタイミングを見つけ、同じアングルで
美しい桜をお届けします。

私としては「青空と真っ赤な鳥居」、
そこに「桜の淡いピンク色」と言う組み合わせが
なんとも言えず日本を感じますので。

明日辺り晴れないかな。


ご要望にお応えします。

記事担当 磯貝剛



一見、只のブレスレットなのですが
通常作るサイズより一回り大きく作った一点もの。



竹節に特徴がある茶杓ですが、まだらな茨布のものはお客様のもの、
白甲の茶杓を今回ご注文頂きました。



そして以前ループタイでご注文頂いたお客様から
続編で蝶ネクタイのカフスボタン。


お客様の要望で、まさに一点物をもの作りする事は
作り手としてはとてもやりがいのあるお仕事。

どれも磨き上げ、完成する頃には我が子のような愛着が芽生えました。

あとは出来上がりの連絡をするのみ、
お客様喜んでくれるかなぁ

受け継がれる 匠の技

記事担当 磯貝剛


「受け継がれる 匠の技」

無形文化財実演公開事業として行われます。

分かりやすく言いますと
無形文化財の師匠とその弟子による実演です。

私は20年目 のおじさん弟子ですが、
フレッシュな若いお弟子さんも実演します。

江東区の伝統工芸のこれからを垣間見られるイベント
なので私も楽しみです。

「受け継がれる 匠の技」
■亀戸梅屋敷にて
■3月11日(土)12日(日) 10〜17時

入場無料 お気軽にお立ち寄り下さい。

ひとまずのお礼



1週間の松屋さんでのイベントの片付けから帰って来て
ホッと一息ついているところですが

まずはイベントにいらしていただいた方々、
関わって頂いた方々、温かく見守ってくれた方々、

そしていつもおおらかに、作り手がやりたい展開を認めて
最高の場所を提供してくれている松屋 美術の方々。

本当に感謝!!です。

広い世の中からすると、何処かの道端に、
一輪の花が咲いた程度の小さな出来事かもしれませんが、

ベッ甲イソガイにとってひとつのシリーズのデビューは
本当に大仕事でありまして、無事イベントが終わり

とにかく今、とてもホッとしております。

いつの日か色んな道端に咲く花のようになったらなぁ。
とイメージしてしまいます。

プロの仕事


記事担当:磯貝剛

ここのところ新シリーズの話ばかりで大変恐縮なのですが、
銀座松屋のイベントで「b」をデビューさせたら少しは
落ち着きますのでしばしお付き合いいただければ幸いです。

ここ半年、
「b」の商品を作り(「b」だけではありませんが)、
PR用のポスターや展示台を作り、
どのように飾りつけをするか?プランを練り、
ようやくイベントのカッコが付くかなという
ところまでこぎ着けました。

で、昨日今日と亀戸店のお店番をしつつ
オフィシャル・ホームページの更新に
手が付けられるようになりました。

写真を撮ったり、ページのバランスを考えたり、
最近はウェブの作業が楽しくなってきているのですが
なにせ時間がない。。。。。。

隙を見て作業を始めてみると作り手の習性か?
「あーしたい、こーしたい」病が発病してしまい
ページの更新もやはり立派なひと仕事だなあ、
と再確認しました。

そんな中、「b」のPR用のメインで使う写真を
セレクトして以来忘れていた、プロのカメラマンに
撮影していただいた写真達を発見しました。

自分で取っているものと比べ、そのレベルの差に感動!

今現在、HPに盛り込む作業に取り掛かり中なのです。







ベッ甲イソガイ オフィシャルHP

イベント前の作業


 

記事担当 磯貝剛

 

来週いよいよ新シリーズ「b」のデビューイベントを

銀座松屋で開催します。

 

という事で準備にバタバタな日々なのです。

 

イベントでは商品のバリエーションという点で言うと

「b」だけ展示するというわけにもいきませんので

「b」のみならず他にも品物もたくさん作っています。

 

特に「あと1週間」まで迫ったこの時期になると、

「もうひと手間」加えると完成する品物を

どうしても仕上げたい衝動に駆られます。

 

イベント前になるとあわてて「あれも」「これも」と、

片っ端から一生懸命仕上げるのが習慣のようになって

しまっています。

 

そんな、「もうひと手間」で完成する品物の中に

「sketch」という個人的に気にいっているシリーズがあります。

 

かなりの個数を仕込んみつつ、よりによって

すべてが「もうひと手間」加えなければ

完成しない状態です。

 

「むむ、時間がない!」と焦りつつも作り手の習性で

「次に同じものを作るときにはこうしたい」と

思っていた作業を思い出し、頭から離れません。

 

それは、「sketch」の動物たちの「目」なのですが

以前はオニキスを埋め込んで仕上げていました。

 

販売していると「目もべっ甲でできているのですか?」

 と言われることが結構あったので少々試作をしていました。

 

やってみると従来よりも手間がかかるし、

見た目的にはオニキスとあまり変わらない。

 

でも、べっ甲はべっ甲。

 

べっ甲の作り手としてはやはり魅力を感じてしまいます。

 

こんな作業もあり「もうひと手間」が「もうふた手間」に

なり、イベント前の忙しさに拍車がかかったりするのですが、

こんな時ほど自分の納得するものが出来上がったりするのです。

 

もちろん「b」、「sketch」以外にも「もうひと手間」加えて

どんどん新鮮な品物が仕上がっています。

 

イベントまでもうすぐ!

 

 

「b」ビィ

■3月1日(水)〜7日(火)

   10:00〜20:00 ※最終日19:00

■松屋銀座 7階和の座ステージ

 

頑張って完成させなきゃ!

お気軽にお立ち寄りください。


夜の梅まつり


記事担当 磯貝剛

毎年、1年でいちばん寒いし、更に何かと仕事が重なり
ヘトヘトになるのが2月のこの時期なのですが
いつも良いタイミングで亀戸天神社の梅が癒してくれるのです。

亀戸天神社では3月5日(日)までが「梅まつり」なので、
開花状況に応じてどんどん人々がやって来ます。

藤の時期ほどの混雑ではないので、天気の良い日には
ぶらり亀戸散歩をしてみるのも良いかもしれません。



私も製作や店番でちょっと疲れたときなんかは
亀戸天神社の庭で「ふぅーー」と一息つくのですが、
そんな時、梅がキレイに咲いてると何処かの旅先か?と
錯覚するほどリラックス出来ます。

それが更におつきあいで夜遅くなって駅から
ヘトヘトになって帰って来たときに


こんなにキレイな梅が迎えてくれると、より地元が好きになってしまいます。

思わず写真を夢中で撮ってしまったりします。



そう、これが「夜の梅まつり」。
寒いのに春を先取りしてる感じがとても良いのです。

「b」 ギフトショー


記事担当 磯貝剛

今年は「b」というシリーズをひっさげて、べっ甲の新しい魅力を
表現出来たら!と意気込んでいます。

3月のデビューに向けてポスターや飾りの台など楽しみに
準備しているところですが、
「はっ」と気がつくといつもと同じ展開。

基本自分の得意パターンに戻っているような、、、、

このシリーズの初志を思いだし、やはり女性目線を加えたい!

ということで私周辺の女性には「どんな展開がぐっとくるか?」
何かのタイミングでお聞きするかと思いますが宜しくお願い致します。

来週のギフトショーではプレデビューとして大きなポスターと、
現在、せっせと製作しているボディー台などで軽く御披露目してみますが、
本当のデビューの3月の銀座松屋での展示には存分に
「女性目線」を盛り込んだ雰囲気をプラスしたいところです。

まずは ギフトショー
■2月8(水)、9(木)、10(金)日
■東京ビッグサイト

浅草、亀戸店で招待状をお渡ししますのでご興味ございましたら
お気軽にお声かけ下さい。

NHK BS放送



NHK BSプレミアム「ニッポンぶらり鉄道旅」
2月2日(木)19時30分〜19時59分


写真の「おなごかんざし」つながりでの出演。

東京下町 吉原で生まれ育った 岡野弥生さんに焦点を当てた番組構成、
ベッ甲イソガイは若い女性を製作により応援する。
という立ち位置での出演です。

お時間ございましたら、ぜひご覧下さい。

「b」



記事担当:磯貝剛

『べっ甲の優美なカーブに現れる優しい光沢。
その世界観を表現したシリーズ「b」。

ふんわりコットンパールと組み合わせた
べっ甲のアクセサリー は、日常のシーンに
寄り添いながらも、華やかで、
そしてとても軽やかな着け心地です。』


以前の「女性目線」というブログではまだ製作段階だった
ベッ甲イソガイの2017年発表のシリーズが完成しました。

男だらけの製作現場に、今回初めての試みとして
女性の意見を起点として作りこみを行いました。

冒頭の「b」の説明の文章も
「こんなバランスのネックレスがあったら良いな!」
と提案してくれた女性が書いてくれたもので

使い勝手を知っているし、べっ甲のどこに魅かれたか
良く理解しているなあ。と感心してしまいます。

べっ甲以外にあまり勉強していない私は、
今回の件で初めて「コットンパール」なるものを
手に取ってみました。

「これが軽い!」

べっ甲の軽さを損なわず、気軽に身に付けられます。

印象的にループした大きめのべっ甲のパーツとの
相性も抜群で、1m近いロングタイプのネックレスなのに
とても軽やか!

またゆったりロングで楽しめるのはもちろん
二重に巻くとショートタイプのネックレスとして
楽しめるのも女性らしいお得なアイディアです。

販売は3月からですが
プレデビューとしてビックサイトで行われる
「ギフトショー」に出品します。


ポスターを大型プリンターで印刷中。

女性目線をプラスした「b」が
どんな展開になるか、作り手としても楽しみです。

ちなみに「b」というネーミングは
「べっ甲の良さをどう表現しようか?」と
考えている当初に、べっ甲が熱により
しなやかに曲がることがとても印象的だったようで

環の形にくり抜いたべっ甲のパーツを、ギュギュっと
曲げた形が何となく筆記体の「b」を連想させる
形だったことから名づけました。

もうひとつは
べっ甲(bekkou)の頭文字「b」であることも
決め手となりました。



プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集