| blog top |

天然の色

記事担当 磯貝剛

今回のブログは、私が出張などで久々に工房で作業に戻った時に
師匠が嬉しそうに「出来はどうだ?」と自信満々で見せてきたかんざしについて書いてみます。

たまにはべっ甲のプロらしく、素材のお話しです。



べっ甲細工はタイマイという海ガメの甲羅から作られます。
主に「背甲」「腹甲」「爪」といった部位からなります。

「背甲」などにみられる独特のまだら模様に
ひとつひとつ個性があるのは皆さんご存知かと思いますが、
それと同じく「腹甲」にもやはり個性があるのです。

一般に「腹甲」は「あめ色」と呼ばれべっ甲の
高級な色合いと認識されています。

その昔、私のおじいさんが現役の作り手だった頃
「あめ色」の製品にも、色白なもの、濃い色のオレンジ甲など色合いを競って作っていたようです。

現在は素材がそれほど豊富にあるわけではないので
その色合いの違いを細かく要望されると少々作りにくいのが現状。

だからこのブログでべっ甲の色合いの違いを勉強しても
そんなに無理な色合いの注文はしないで下さいね。(笑)

実際現在のべっ甲業界では染めたものも作られたりしています。
それはそれで新鮮さがあって私も良いと思います。

そんななか、今回うちの師匠が作ったのは染めではなく、
天然の色合いにこだわった製品であるところがミソなのです。

濃い色の「あめ色」だけで重ねたものと、
薄い色の「あめ色」だけで重ねたものと、
こんなにも色の違いが出るものと私も再確認させてもらいました。



やっぱり天然の色はキレイです。

大江戸高校 べっ甲講師 退任



記事担当 磯貝剛

15年と少し前、
これから出来上がる都立高校で伝統工芸の授業を
行いたいと師匠の元へ相談に来た方々がいました。

工房で話し込む様子をはた目に見ていましたが
「他に無いもの」「しっかりした伝統に触れさせたい」
といった熱意がとても強かったことを覚えています

今まで師匠は人に教えるといえば文化センターなどで
大人相手でしたし、自分の弟子には理論よりも
実務を見せて教えるタイプ。
高校生相手に授業が出来るのか?弟子として
どうもしっくり受け入れにくいなあと感じていました。

ところが師匠は意外にも乗り気のようで
快諾していました。

その当時都立大江戸高校は新設されたばかりの初年度。

廊下も階段も工作室もピカピカ、そしてスタイリッシュ!

べっ甲の授業用に揃えた道具やプレス器、モーターなども全て
新調したものばかり。

当時としてはかなり珍しい、現役の作り手の授業で
単位が取得できるといった話題性のある行いでした。

頻繁にマスコミのカメラが入ったりしたものです。

そしてサポートについている美術課の先生の熱心さ、
生徒のやる気、師匠のやる気、そのどれもが初々しかったものです。

そんな日々からもう15年も経ってしまったんですね。
頭の中でちょっと計算してみるとビックリですが、
初年度教えていた生徒さんたちがもう30才になっているんですね。

それは師匠も私も年をとるものだ。

そしてつい先日、ひとつの区切りとして師匠は
その15年勤めた大江戸高校の講師を退任しました。

本当に伝統工芸 べっ甲に触れて良かったという生徒もいるし、
何かの経験のひとつになったんじゃないかなと思います。

弟子ながらべっ甲への理解のためにも、生徒さんたちの教育のためにも
師匠でなくてはならない教え方で体を張ってやっていたなあ。と思うところです。

お疲れ様でした。

秋の天気は三暖四涼?

記事担当 磯貝剛

忙しさにかまけてブログを今週もサボってしまうと
もう誰も読んでくれなくなってしまうので
夜も遅い時間に頭を一生懸命使って頑張って書いてみます。

浅草と亀戸のお店はいつも通りの営業をしているところ
でしたが、わたくしは福岡に出張していました。

今年の東京はやや涼しめな夏でしたが、夏は夏。
涼しい日と交互に来る、暑い日が身に堪えました。

福岡は東京より南方に位置するだけあってまだ、夏が残っていました。





私が普段よく入っている千葉の海よりも水温も温かです。

そして東京に帰ってみると確かに夜は涼しくなってきていて
少し秋っぽくなってきたかな?
と思えば昼間は汗ばんだり、、、

三寒四温ならぬ、三暖四涼だなと勝手な四文字熟語を作ってしまいます。


亀戸天神社では暑い日中にもかかわらず、秋虫の鳴き声がしていたり、


浅草では秋に向かう時期恒例の台風に備え、雷門の提灯が畳まれたり、、、

とにかく環境の変化が目まぐるしいので
とりあえず体調にはお気をつけ下さい。

蝋燭が燃え尽きる前

記事担当 磯貝剛

良いことか悪いことか微妙なことなのですが、
製作が乗りに乗ってくると疲れている感覚が
無くなるのです。

未だ夏休みを取っていないわたくしですが、
2日後の出張を前に体力が有り余っています。

そして我ながら、ものすごい段取りと手際の良さで
製作がはかどります。



こんな時にちらつくイメージが「蝋燭が燃え尽きる前」。

事実以前は調子が良いのでやれるだけ遅い時間まで
製作したりして、ようやくたどり着いたお休みの日に、
パタリ と休日を寝込んで過ごしたり、
ぎっくり腰になったり、、、、

もういい年のおじさんになってきましたので、
今までの経験からそれなりに用心はしています。

とはいえ製作がはかどるのはまたとない良い機会、
そこは段取り良く最速のスピードで仕上げていきます。

そして疲れを貯めない工夫を発見しました。

私の場合、疲れ=筋肉のコリ のようで、
多少無理した体もきっちりとしたストレッチやヨガなど
を行うと相当リセットされることに気がつきました。

欲張りなので「蝋燭が燃え尽きる前」の
素晴らしいチカラを上手く使わせてもらえるように
ヨガでもして、もうひと頑張りしたいと思います。


祭りのあと?


記事担当 磯貝 剛

毎年8月のこの時期には亀戸天神社のお祭りが行われます。

ベッ甲イソガイもお店は勿論営業しておりますが、
わたくし個人は出張などにでていることが
多くなかなか見ることができません。

浅草の皆が興奮するようなお祭りとはまた違って
天神様(菅原道真公)を祀る雰囲気が感じられる
情緒あるお祭りです。(まるっきりわたしの主観ですが)

今年も貧乏暇なし、三越日本橋本店さんに出店してますので
昼間の様子は見られませんが、その帰りにみちに祭りのあとの匂いを
求めてフラりと立ち寄りました。







暑いですが、お時間ございましたら是非お立ち寄りください。

25日(金)、26日(土)、27日日(日)は
亀戸天神社 例大祭

暑中お見舞い申し上げます



記事担当 磯貝剛

しばらく涼しい日が続いていたところに
また夏らしい暑さと突然の豪雨。

やっぱり夏なので体力の維持に気を使いますね。

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

ベッ甲イソガイではスタッフの大半がお休みを頂き、
亀戸店は23日の水曜日まで夏期休暇をさせていただいております。

ホームページには表記させていただいておりますが、
もし知らずにご来店したかたが居られましたら
大変申し訳ございません。

浅草店は通常通り営業をしておりますので
是非お立ち寄りください。

暑さがぶり返し、休みを取っている人びとを羨ましく思いつつ
わたくしは店長の代理として店で、せっせともの作りしています。

写真のてんとう虫などは自分でも
「何でこんな手間のかかるものを作っているのだろか?」
と不審になるほど頑張って仕上げました。

なにやら「風前の灯火」のように疲れた時ほど作業が乗ってくるもので、、、

皆さんに暑中お見舞い申し上げるつもりで書いておりますが
自分も夏に負けて倒れぬよう、あらためてセーブしようかと
思い直しました。

しばらく暑い日が続きそうですが、
皆さんも楽しく過ごしてください。

松屋銀座 本物を創る 職人展



暑い日が続きますが皆さん体調は如何ですか?

作り手は特に暑いときに駆り出され、
銀座でイベントを行います!

本物を創る 職人展
 松屋銀座 1階 スペース オブ ギンザ
 8月9日(水)〜15日(火)

出店される作り手はみんな、イベントのタイトル通り
尊敬すべき「本物」です。

コマや桶に江戸玩具
ブラシに錫にビーズ刺繍
染物、印傳、銅細工
切り子に珊瑚に竹細工
和装小物と江戸鼈甲!

楽しみだなあ。。
暑さに負けず頑張りたいと思います!

銀座にお越しの際は是非お立ち寄りください。


黒革の手帖 2

記事担当 磯貝剛

現在放送中の「黒革の手帖」でベッ甲イソガイの
かんざしを真矢ミキさんにお使いいただいているところで
毎週楽しみに観させて頂いています。

1話目にバッチリと使って頂けたので嬉しい限りです。



リーフデザインの白甲のかんざし。
真矢さんがこの角度の挿し方がお好みだというのもあって、
正面から見てもチラリとアメ色が黒髪に映えます。



パールをあしらったかんざし。


番宣のポスターにも使って頂けました。
こちらも真矢さんの挿し方のおかげで正面からよく見えました。

原作では真矢さん演じる、叡子の出番は冒頭のみ、
まさに1話でおしまい。

でもヘアメイクさんの義理堅いお約束のおかげで
毎回エンドロールにベッ甲イソガイのロゴを写して頂いてます。





それだけでも充分と、ドラマを楽しんで観ていたところ、、、、

5、6話の撮影で「また使用したい」とのお声かけが!
お話にアレンジをくわえて真矢さんの出番が回ってきたようです。

、ということでもしかしたら、またベッ甲イソガイのかんざしが
「黒革の手帖」で見られるかも!!

まだ使われるかすら分からないところですが
「また見たいなぁ」と当選結果を楽しみに待っているところです。

出張先で思うこと

記事担当 磯貝剛


私ほ只今 出張中です。

あと1日でイベントも終わりなのでちょっと
ホッとしてブログを書いてます。

今回の出張でも自分で惚れ惚れする仕上がりの出来映えの品物の人気が高く
処変われど、お客さんの見る目はしっかりしてるなぁ。
と思い知らされます。

ゲンキンなもので、売れてしまうと
「あー、もっといっぱい作っとけば良かった!」
とちょっとした欲が出てしまうところですが
いやいや、また丁寧にもの作りをしましょうと
自分に言い聞かせたりします。

とにかく帰ったらまた惚れ惚れする製造を作りたいなあと、
自分の作業台が恋しくなっている出張先の夜なのです。

夏休み職人の技体験 募集

うかうかしていてお知らせが遅くなりました。

べっ甲の体験教室が今週末に行われます。

体験内容は人気のべっ甲「耳かき」です。

使い心地抜群の耳かきをご自分の手で仕上げられますよ!

7月23日(日)
森下文化センター
午前10時〜 / 午後1時〜
参加費 2000円


子供さんも、大人もご興味こざいましたら是非是非、お申し込み下さい。夏休み職人の技体験
申し込みは
→森下文化センター:03-5600-8666

まで。


プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集