夏の亀戸天神社



記事担当 磯貝剛

ベッ甲イソガイ 亀戸店は亀戸天神社の門前にあります。

亀戸天神社はその昔は太鼓橋がツルツルすべるつくりだったり、
崩れかけた塀があったり、歩きにくい飛び石の参道だったりでした。

振り返ると、きっと計画的に補修をしていたので
そのどれもが新しく生まれ変わり、風景のひとつとして馴染んでいます。

そして今日、久しぶりに亀戸店の当番で出勤してみると
上の写真の状態でした。

えー、写真ちゃんと撮っておけば良かった。

キレイになっちゃうと記憶喪失のように、工事する前を思い出せなくなるものなので
少々寂しい気持ちになりました。

雨の日には大きな水溜まりができてしまう古い石畳。

でも、亀戸天神社に来る沢山の人々に踏みしめられたそれこそ重い存在です。

きっと新しくなったらなったで、より快適に歩けたりして
すぐに亀戸天神社の風景に馴染むのでしょう。



スマホを探してみたら工事前の写真がありました。

青空の日に、赤い鳥居がキレイだなあ。
と、思い1枚撮っていた写真。
重々しい石畳が写っていました。

もうすでに懐かしい風景です。

関連する記事

プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集