鳥獣戯画の著作権 つづき

前回「鳥獣戯画の著作権」からの続きです。

東京と京都の距離は500キロ。
近いようで遠く感じたりする絶妙な距離です。

「そうだ京都行こう」という気になれた人だけが
「来てみると意外と近いね」という感想を
共有出来たりします。

今回の私の京都行きは突き動かす力が
とても強く、ものすごく近く感じました。

という事で京都に来ました!!


といっても、いつも訪れている京都市内とは
全く趣が違う山寺。

お寺のある山の、下にクルマを停めて徒歩で
入山します。
何度も何度も深呼吸してしまう程美味しい空気。
感動のまま高山寺にお邪魔しました。

国宝の石水院。
童子の木像がお出迎えしてくれます。


明恵上人。
寺を開山したとても才能のあるお方だそうです。


そして鳥獣戯画の絵巻物!
実物は国立博物館にあるそうで複製ですが
ここで拝見すると、ありがたさもひとしおです。


突然の訪問でしたが
「30分ほどお待ち頂ければ執務長が
会います。」とのお言葉。


こんなに良い所ならいくらでも待たせて頂きます。


そしてようやくお会いできた執務長は
高山寺の成り立ち、鳥獣戯画の展開について
など、とても楽しい語り口で話してくれました。

なかでも高山寺を開山させた明恵上人の
英傑ぶりや、たぐい稀なる魅力を語る時の
真剣さは、こちらも引き込まれてしまいました。


本題のべっ甲での鳥獣戯画製作の段になり、
ベッ甲イソガイで製作している品物を見せた
ところ執務長の見る目が変わりました。


べっ甲素材の上質さのおかげで執務長も
とても気に入ってくれたようです。

お寺への来訪者の大きな呼び声がなければ
いつまででも途切れることがないと思われる
ような楽しい語り合いでした。

気が付けば1時間以上お邪魔していたようで
そろそろお暇を。。

めでたくも鳥獣戯画の使用許可証を頂きました。

高山寺 知れば知るほど面白いお寺です。





プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集