令和と坂本八幡宮


「令和」。

元号の話題で盛り上がった日本の春。
日本古来から伝わる万葉集から命名することに
なった事に感動しました。

うん、意味がある!

万葉集の
「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、
梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。」
という歌からだそうです。

約1300年前、大宰府で梅花の宴というものが催され、
その宴でたくさんの歌が詠まれたそうです。
その舞台は大伴旅人の邸宅。
今は坂本八幡宮がある場所です。

それを主催したのが、万葉集の選者大伴家持の
父であり大納言を歴任した大伴旅人です。

福岡出張というタイミングで時間があったので
立ち寄りしてみました。




突然の注目にとても小さな神社は、にわかに
PR作戦を展開していました。

臨時の解説場所が設けられ、大宰府市の
PR印刷物がはやくも配られました。

大伴旅人の説明をしてくれたり、令和の文字の書かれた
額縁を用意し、記念撮影などしていました。


周辺には大宰府庁跡があったり、
万葉歌碑が方々に建っています。

地名に萌えてしまい


観世音寺


連歌屋。
など時代を感じさせるものだったり、
千年の歴史がしっかり根付いた素晴らしい場所でした。

恥ずかしくも神社の方が撮ってくれたので記念写真。



「令和」。
日本の素晴らしい歴史を受け継ぐいい時代になるといいですね。

関連する記事

プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集