記憶に残る1週間



記事担当 磯貝剛

きっと何年経っても覚えているであろう1週間が終わりました。

銀座松屋さんでのイベント「quartetto」は
不意に襲ってきた「コロナウィルス」により翻弄される日本を直に感じつつ開催されました。

デパート内は販売員はほぼ全員がマスク着用し
お客様も少ないのは否めません。

開催中には安倍首相のコロナに対する会見が行われて
デパートでの朝礼は日々最善を尽くすための対応策を
発表することに追われました。

色々な考え方のあるなか、デパートとしてこんな時だからこそ
「おもてなし」の心を再認識して感謝を
もって接客しましょう!
と、心を合わせていました。

毎年銀座通りを数万人が走り抜ける東京マラソンも
エリートランナーのみの開催となり、緊急事態の雰囲気が
余計に際立ちました。

そんな中でしたがわざわざご来場下さった方々、
たまたまベッ甲イソガイの商品に興味を持って頂いた方々
本当に感謝しております。

お隣では女性のアクセサリー作家が合同で展示しており
こんな事態のなかでも、彼女たちの元気さに心強さを頂きました。

そのまた逆のお隣は絵描きの方が展示してました。
自分の個性を投影させた絵画とは「自分を売る」事である。
社会全体に余裕が無くては絵を愛でるなんて余裕も生まれない。
なるほど芸術家も我々べっ甲の作り手とも
通じるところがあるのか。
話せば話すほど面白い!

我々が作るべっ甲の製品は必ずしも必要なものではないですが、
人々の心を ウキウキさせる可能性を秘めていると信じて
ものづくりに励んでいます。

今は 少しでも早くこの事態が終息に向かうことを祈ります。

そして最後に、次週(明日から)は川上麻衣子さんが
ガラスの作品の個展をします。

約10年前テレビの生番組でご一緒させて頂き、
「お互い作り手なんですね。」とお話して以来の再会でした。

初めて作品を拝見させて頂き「こんなにいかした作品を作っていたのか!」
と驚きました。

私は片付け、麻衣子さんは飾り付け。
凄く忙しい瞬間に声をかけたのに、にこやかに対応してくれて
本当に嬉しかったぁ。。


と、何しろ記憶に残る1週間でした。

関連する記事

プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集