我が家の三太郎?

記事担当 磯貝剛


5月5日 端午の節句ですね。

私が産まれた時に祖父が「金太郎」の節句人形をプレゼントしてくれました。
結構な大きさがあり、刀も鞘から「すっ」と抜けるデザインです。

兄のは桃太郎。
兄弟でよくあるチャンバラごっこがこの時期のお気に入りの遊びでした。
なのでケースを明け閉めする飾りのボンボンや刀尻を飾るボンボンなどことのごとくボロボロになりました。

そして3人目の弟のは!
「鍾馗様」!!

誰それ?

確かに今祖父の悩みを感じられるような気がします。

男の子3人続くと桃太郎、金太郎、、、そのあと何にしようかと悩んだんだろうなと思います。

鍾馗様は太郎たちには無いものすごい迫力!
魔よけの神様だそうでとても怖い顔をしています。
おかげでプレゼントされた弟本人は怖くて怖くて直視できず、私が鍾馗様が持っている刀を取ってあげた記憶があります。

そんな訳できっと知らない人が多い五月人形のモチーフかと思うのですがうちの兄弟は強烈に「知っている」のです。

頃合いよく「三太郎」とはいきませんでしたが、鍾馗様のおかげで我が家の魔よけは完璧!
日本から世界からコロナを退治してくれ!!

関連する記事

プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集