| blog top |

亀戸店のマスコット


記事担当:磯貝剛

ベッ甲イソガイ 亀戸店の正面ウィンドウには木桶の水槽が置いてあり、
メダカくんがみなさんをいつもお迎えしています。

ささやかな存在ですが、ちょっと変わった
「木桶の水槽」に居る事もあって人気者なのです。

そんなメダカくんですが、私が久しぶりに亀戸店の
店長代理として店に入ってみると、、、、、

寒かった冬のせいでしょうか?
店長やスタッフがしばらく木桶の水槽の掃除をさぼっていたと見え、
水は茶色く濁り、ガラスにはコケの様なものが、、、、

ただでさえ、ささやかなメダカくんの存在は、
濁りと共に消えてしまいそうです。

というわけで本日の一番の仕事は「木桶の水槽の大掃除」に予定変更。

まずはメダカくん、キレイに洗ったフライパンに避難です。

そのすきに泥水と化している水槽の水を捨て、
お米を研ぐ要領で小石を洗い、丁寧に木桶を洗います。

時折フライパンを覗きつつメダカくんの生存確認。

洗剤を使いたくなってしまうのですが、ここはかよわい
メダカくんの健康を考え、ひたすら丁寧に水交換を繰り返します。

こうしてピカピカに洗いあがった木桶の水槽も整い、
さあメダカくんを戻そう。というタイミングで電話が鳴りました。

しばしの電話を終え、戻ってフライパンを覗きこんでみると、、、、、
「あれ?」

なんだか一匹いないような、、、、

だって2匹いるはずのメダカくんは一匹しか見当たらないんですから。

しばし隠れるところなどないフライパンの中を探しまわり(?)ましたが、
メダカくんは決死のダイブをしたとみえフライパンの中にはいないようです。

電話している最中に飛び出し、何分が経っているのでしょう?

脱走したメダカくんは思いがけぬ距離を飛んでいて、
工房の棚の間にホコリまみれで横たわっていました。

死んでしまったのでしょうか?
小さなメダカくんは動きを止め、煮干しのように見えます。

「ああ、、、ちょっと目を離しただけなのに、かわいそうな事をしてしまった。」

指先で拾い上げ途方にくれていると、、、、、、、「ピク、ピク」

小さいながら生きていることのアピールが返ってきました。

あわててフライパンに戻してみると、はじめは寝起きのように
ぼーっとした泳ぎ方でしたが,
しばらくすると普段と同じ様に機敏な動きが戻ってきました。

こうして小さな大事件に遭遇したメダカくんは、
ピカピカになった「木桶の水槽」に戻り、
元の生活の幸せさを実感しているのでした。

同時に、一度最悪の事態を想像した私にとって、
思っていたよりもメダカくんはいなくてはならない
存在だと強く感じたのです。

 


湿度のうんちく


記事担当 磯貝剛

先般、フェイスブックで
「雨なので仕事がはかどります。」と書き込んだところ、
「何で雨だとはかどるの?」質問されました。

確かにもっともな質問で、私も店番の時に雨が降ったり
したらお客さんが来ないので逆に迷惑に感じます。

的確な質問をされて「作り手」としての感覚は
普段の自分ともずれるなあと改めて思いました。


と言うことで今回は「湿度に関するうんちく」です。

ベッ甲の素材は亀の甲羅です。

天然素材を扱っているモノならではの、長年
体に染み着いている感覚として「湿度」があります。

勿論、温度計、湿度計は工房には設置してありますが、

工房に入って作業に入るタイミングで
「今日は作業がしやすい」と感じるのは湿度が高い時です。

湿度が高い時は糸ノコで切るのも、小刀で表面を削るのも、
素材の甲羅がしっとりとしていて、とても加工しやすいのです。

必然的に湿度が高い時は作業が「はかどるし、とてもスムーズ」。

長年やっていて感覚的に「楽」に仕事が出来ると
インプットされているので、久しぶりに雨が降ったりすると
嬉しいと思うこともあります。

ただ、私の休日にはカラッと晴れてほしいものです。
 

臨時休業のお知らせ

ベッ甲イソガイ 浅草店、亀戸店共に
3月18日(火)臨時休業させていただきます。

まことに勝手で申し訳ありません、ヨロシクお願いいたします。

また翌日の水曜日は定休日ですので、ご来店予定の方 重ねてご注意下さい。

線路は続くよ


記事担当:磯貝剛

まずは、ポップな新シリーズ「sketch」が完成し
先日までの松屋銀座店でのイベントも成功裏に
行うことができました事、御礼申し上げます.

今回のブログのタイトル「線路は続くよ!」
のように「どーこまーでーも―」と長く皆様に
愛されるようなシリーズになるよう引き続き
楽しみつつ製作していこうと思っています。

さて「sketch」のイベント明けのお休みに
千葉県のいすみ市をドライブしていると

先日テレビのドラマで目にした
いすみ鉄道 通称「菜の花ライン」
を見かけることができました。

何度も通ったことのある道ですが、
本数が少ないようで今までほとんど
見かけることはありませんでした。

ほぼ無意識に携帯カメラを起動し、
かろうじて車体の端っこだけ撮ることができました。

このかわいらしい黄色いボディーカラーを見て
テンションが上がるとともに
「sketch」のテーマカラーとも重ねることが
でき、うれしくて一人でニヤニヤしていました。

本当はもっと「菜の花」が咲き誇っている
個所があるらしいのですが
今回の私の写真はささやかに、、、、

元気の出る黄色を見て
「sketch」と重ねずにはいられない私は
思わず口ずさんでしまうのでした。

「線路は続くよー どーこまーでーもー」


「Debut! sketch」開催中!


銀座松屋で開催中の新シリーズ「sketch」について松屋銀座美術館のスタッフさんがブログで紹介してくれました。
「Debut! sketch」
自分で書くブログよりも臨場感が伝わる内容でとても有難いです。

会期は3月11日(火)まで!
是非遊びに来てください!

sketch デビューイベント

 
【Debut! sketch】

■会期:2014年3月5日(水)〜11日(火)
■会場:松屋銀座 7階 和の座ステージ


昨年の夏から作りこみをはじめ
少しずつ形になり、
少しずつアイテムが増え
少しずつ展開のイメージが出来上がり
とうとうデビューの時期がやってきました。

2014年3月5日
ベッ甲イソガイから「sketch」がデビューします!!

作りこむほどに楽しくなってしまったので
気が付けば“60”アイテムを超える種類となってしまいました。

気ままに作った一点ものから
本命と思い込んでたくさん数を作ったものまで

ブローチ、ピアス、イヤリング、タックピン、帯留め、

デビュー会場の松屋銀座 和の座ステージでは
たっぷり空間をいただいているので
すべてをお披露目できる予定です。

もちろんベッ甲イソガイ浅草店、亀戸店でも展開を開始します。

是非「sketch」ワールドをのぞきにいらしてください!!

 


春の訪れ

記事担当 磯貝剛

私の趣味のサーフィンです。

皆さんには「寒い寒い」と言われますが、
毎年冬でも海に入っているのです。

夏などにはよく九十九里辺りで楽しんでいますが、
冬には「かき氷」を頭からかぶるように水は冷たく、、、
強がりを言う余裕もありません。

冬が深まるにつれ房総半島を南下していきます。

ということで、最も寒いこの時期は
千倉まで足を延ばすことも多いのです。

ちょっと距離が長くなるので
「ドライブ」半分「サーフィン」半分。



だからこんな景色に出合う楽しみが!

海も暖かいし、一足早く春を味わえて最高の休日になるのです。

春は、すぐそこまで来ています。
皆さんも一緒に楽しみましょう!

ついでにもう一枚。

雪景色


記事担当 磯貝剛

なんだか先週の続きみたいな記事ですが、十何年ぶりの大雪が
関東地方に降ったので、ちょっと写真を載せてみます。



昼過ぎから降り出した雪は、
雪かきのスピードを上回る勢いで降り続けました。



翌朝、キレイに積もった雪景色を写真におさめるため
亀戸天神社に行ってみました。



参道は見事に雪かきが終わり,
素晴らしい景色を楽しむことが出来ました。



ベッ甲イソガイ亀戸店の前もなんとか雪かき出来ました。



雪かきは大変でしたが、たまにしか見られない景色に心奪われました。

でも雪国の方々の大変さがよくわかる体験となりました。

三寒四温


 記事担当:磯貝剛

今年は身につまされるほどの寒さもなく
油断していた先日。

ちょっとですが東京にも雪が降り、
これが本当の冬の寒さだと思い出しました。

亀戸天神社の門前で「梅が咲き始めた」と
春を喜んでいたベッ甲イソガイ亀戸店の
スタッフも不意打ちの寒さに
冬はまだ終わっていないことを実感しました。



この時期、私たちは
「亀戸天神社の池が凍るのかどうか?」を
寒さのバロメーターにしているので
自分の感覚よりむしろ、

「寒いな」

と感じると、とりあえず池を見に行き、
凍っているとようやく寒さを実感できます。

この点でいくと、1月に亀戸天神社の池の
凍った日数が、例年よりも少ないので
(※ベッ甲イソガイ独自の調べによる)
今年は「底冷えしていない冬。」という事になります。

「春を告げる梅の花も例年より早く
咲いてきたことだし。」
と油断していたところ、やはり2月。

侮れない寒さに、天神社の池も凍りつく日が目立ちます。

この時期、寒い日あって、暖かい日あり。
というところでしょうか?

とはいえ待ち遠しい「春」

梅もいい具合の咲き、暖かい日はお散歩日和です。
是非、亀戸天神社にぶらり散歩してみてください。



それと春は近いですが,
皆さん風邪などひかぬようお気を付け下さい!


sketch その3


 記事担当:磯貝剛

まさに「落書き」のような図案から、
「ここを丸めた方がリアルかな?」とか
「べっ甲のこの色で仕上げればキリンぽいな!」と
ひとつひとつの仲間を探すように誕生させていきました。

そして気が付いてみれば、、、、
かなり今までのべっ甲製品には無い商品群が出来上がり、

「ベッ甲イソガイ」の新しい側面を表現する
シリーズにしてみたい気持ちが高まってきました。

といういきさつで・・・・・・・
デビューイベントを行います。

Debut! sketch

■会期:2014年3月5日(水)〜11日(火)
■会場:松屋銀座 7階 和の座ステージ

べっ甲の新たな魅力を探り、製作に励むベッ甲イソガイから、
動物やトランプなどをモチーフにしたかわいらしいシリーズが
デビューします。
シリーズを筆頭にアクセサリーや和装小物など勢揃いしますの
で、是非ご覧にいらして下さい。

 



プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集