| blog top |

ぶらぶらサタデー出演2


ベッ甲イソガイ店内に入ってきた、
有吉さん、榊原さん、生野アナの一行。

すでにカメラは回り
「めずらしい。べっ甲屋さんですか?」と有吉さん。

撮影はもうスタートしているようです。

のんびり屋の亀戸店店長はまれに見る芸能人集団に
見とれているので、とりあえず私がお相手。

有吉さんに丸メガネをかけさせたり、
榊原さんに18金にダイヤをあしらった超高級メガネを
お勧めしてみました。

その後「我々でも手のとどく物を・・・」という事になり、
当店自慢のべっ甲の耳かきを手に取り始めました。

自称「耳かきマニア」の生野アナは
「本気で選んでいいですか?」と
しっかり吟味して買ってくれました。

お会計をして「ありがとうございました!」
の場面では、元AKB48の前田敦子さんのものマネをする
「キンタロウ」さんが登場!

亀戸店の店長はキンタロウさんの芸風に圧倒されつつ無事終了。

撮影終了後「番組のシールですけどもらって下さい!」
と謙虚な有吉さん。

有吉さんの印象は昨今再ブレイクのきっかけとなった
「辛口芸人」のごう慢な雰囲気はなく、
15年前世界をヒッチハイクして周っていた好青年の方が
強く感じられました。

きっと有吉さんはテレビにでられない間、
すごく苦しんで今の輝きを手に入れたのだろうなぁ〜・・・

などと思いながら「楽しかったです」とあいさつして別れました。

■フジテレビ「ぶらぶらサタデー」
 3月2日(土)放送
 有吉くんの正直さんぽ 12時30分〜

ぜひ、ご覧ください!


ぶらぶらサタデー 出演1


再びテレビ出演の記事で恐縮ですが、
なにぶん情報の鮮度が大切なので
今回はテレビの放送前にブログに記してみます。

ここ数年のある芸人の復活には目を見張るものがある。
15年ほど前私は人気の番組「電波少年」を
毎週楽しみに見ていました。

松本明子さんと松村邦洋さんが司会の
番組の中で、ヒッチハイクで世界を1周する
という企画がありました。

ヒッチハイクをしていたのが猿岩石という2人組。
世界1周した後もCDがバカ売れ大人気となりました。

しかし人々はいつのまにか彼らの事を忘れ、
テレビで見かける事はなくなりました。

その2人組の1人が「有吉さん」。

今日、テレビで見ない日がない復活ぶり!
人気が全く無くなった10年あまりの時間に
きっと苦労したんだろうなぁ〜

・・・昔の友人を見ているような感覚でテレビを見ていました。

そんな有吉さんと自分の店で会えるなんて!
っという訳で今回の取材はバラエティー番組に
ベッ甲イソガイが登場です。

ドキュメンタリー的な当工房の取材の場合は、
撮影されればほぼ間違いなく放送されるので
お知らせしやすいのですが

今回はバラエティー番組。
ノリが重要な世界とあって「取材させてください」と言われていても
「会議の結果、今回は無しで・・・・・・・」など、

今まで幾度となくガッカリさせられてきました。
(今回も油断はできませんが・・・)

取材自体、来るのだかこないのだかの当日。
約束の時間になり、ベッ甲イソガイ亀戸店の店外が
賑やかに、ふと店外に目を向けると・・・
テレビで見慣れている榊原郁恵さんが目に入りました。

ガラガラッ・・・と店の扉が開き,
お笑いの有吉さん、榊原郁恵さん、フジテレビの生野アナウンサーが
「こんにちは!」となだれ込んできました。

■フジテレビ「ぶらぶらサタデー」
 3月2日(土)放送
 有吉くんの正直さんぽ 12時30分〜

ぜひご覧ください。
取材記事後半は、次回(2月28日アップ予定)に続く・・・・・・


contour chocolat 誕生!

記事担当:磯貝剛
新シリーズcontour chocolat( コントュール ショコラ)の誕生物語です。

私は首飾りをよく着けます。

もともとは卒業の時記念品として頂いた、校章をデザインしたシルバーのプレート。
その後、べっ甲の作り手になり自分で作ったものを首に下げるようになりました。

モチーフはべっ甲としてはあまり作られる事のない「クロス」。

保守的なべっ甲業界では「クロス」製作はタブーのような
雰囲気なので自分専用にデザインして数パターンを作りました。

自分専用なので製品として店頭には並ばないのですが
着けていると「君と同じペンダントが欲しい」
と幾度となく注文で作る機会を頂きました。

そのような経緯で、本気で自分の使いたい「クロス」を
1からデザインし、製作したのが写真の作品です。

昨年の秋発表した、輪郭を強調したシリーズ
「contour」から派生したデザインです。

「contour」発表後、すぐさまサンプル作りに取り掛かり、
昨年末から毎日使っている私のお気に入りになりました。

今回は極限までシンプルなデザインにこだわり、べっ甲
の質感を全面に出したシリーズを目指しました。

シンプルでハイクオリティーな一粒を・・・・

という思いを名前にしたのが
「contour chocolat コントュール ショコラ」。
発表の場は銀座にしました。

Debut! contour:chocolat
会期:2013年3月6日(水)−12日(火)
会場:松屋銀座7階 和の座ステージ

シンプルでハイクオリティーな一粒を!
是非ご賞味ください。


ギフトショー2013


 記事担当:磯貝剛

先日(1月17日のブログ「産-学-公」)記事にさせていただいた、
大学生のデザイナーの卵とのコラボした時に完成した作品の
お披露目会場に足を運んでみました。

東京ビックサイトで2月6,7,8日で開催されている
Gift Show2013」。

国内最大級のイベントなので会場はとても広く、
ものすごい数の人が会場を埋め尽くします。

出品した東4ホールのテーマは
「モダンジャパニーズ スタイルフェア」。

上質な品物が多く出品され、他のホールよりやや落ち着いた
面持ちですが、やはり来場者の数は相当なものです。

ところで私が、工学院大学の学生とコラボし完成したものは・・・・・・・



名前は [30=1]

パーツのすべてをベッ甲で作り上げた照明器具です。

学生が提案してきた幾多のデザインを事のごとく「ボツ」にしてしまい。
学生との雑談の中から出たアイディアで最もピンと来たのが今回の作品です。

出来上がったから言えますが、
材料的にもかなり大判の貴重なものを必要としたり、
全てのパーツを完成させて厚みがあり過ぎて作り直したり、

出品自体「何度も諦めようか?」と考えました。

しかし、べっ甲の照明はもともと興味があり、
過去何点か作りましたがアクリルや木などに
べっ甲を装飾として添える作りだったので、

今回の「全てのパーツをべっ甲で」というコンセプトは
私のモチベーションを常に保たせる要因となりました。

そういった経緯の中、Gift Showの華やかな会場で
お披露目までこぎ着けられほんとにうれしいです。

バックアップして頂いた江東区役所の皆さん、
いつもと違う製作のアイディアをくれた工学院大学の皆さん
興味を持って作品を見て下さった皆さん

大変感謝しています。
「ありがとうございます」

さあ、次は何を作ろうかな?


テレビ取材「ナツメ道楽」

 記事担当 磯貝剛

テレビ朝日 「ナツメ道楽」2月2日 深夜1時15分〜
夏目三久アナウンサーがMCのお洒落な番組。

ベッ甲イソガイがこの番組で紹介されました。

今まで、当工房のテレビ取材は「伝統」「技術」または
「店舗紹介」と言ったテーマのものが多かったものです。

今回の取材の切り口は「三兄弟」。

かつて若かりし頃、何度かこのテーマで撮って
いただきましたが、現在兄弟共に三十代後半。

どのように編集がなされるか、興味深いところです。

店舗の紹介ならメンバーが全員で対応しなくてすみます
が、テーマが三兄弟だと全員の協力が必要です。

しかも当然、三兄弟の師匠は?と言う話しになり、
ベッ甲イソガイ メンバーを説き伏せ取材を受ける事が出来ました。

下話、ロケハン、本番撮影2日、本当に丁寧に取材して頂きました。



普段早寝の私には不可能に近い深夜1時過ぎですが、
アラームをかけ、なんとかリアルタイムで見る事が出来ました。

これだけ取材協力をするのも稀なこと、今のベッ甲イソガイ
の良い記録だなぁ、と自己満足しています。

ありがたい取材でした。


contour chocolat

2012年秋 デビューした contourから

2013年春
シンプルでハイクオリティーな一粒
contour chocolat がデビューします!



Debut! contour:chocolat
会期:2013年3月6日(水)−12日(火)
会場:松屋銀座7階 和の座ステージ


鷽替神事

※天神様のイベントに合わせ、今回少し早目のアップにしました。
記事担当 磯貝剛

皆さん、鷽替神事(うそかえしんじ)を知っていますか?

鷽替神事とは、文政三年(1820)初めて行われてから
今に続く、亀戸天神社第一の特殊神事です。

幸運を招く鳥と信仰される鷽鳥、
この鷽をノミ、ナイフ、ノコギリで彫り象徴的に
彩色した一刀彫の縁起物が名物なのです。



亀戸天神社では一年に一度木彫りの鷽鳥を売り出します。
「去年の凶事をウソに取り替える」
という元を担ぎ、たくさんの人々が来ます。

人々は、行きはまっしぐらに「鷽売場」?に向かい、
帰りはお目当ての「鷽」を手にほっとした表情です。

縁起物を手にできて、心にゆとりがあるためか
ベッ甲イソガイの店舗に入ってくださる方々も
丁寧に商品を見てくれます。



今年も1月24、25日、
亀戸天神は「鷽」の縁起を求める人びとで賑わいます。

私は見るたびに鷽鳥のとぼけた表情に癒されます。


産―学―公

 記事担当:磯貝剛

ここ数年、「江東区 伝統工芸 リ・デザイン」という事業に参加しています。
詰まるところの「産・学・公」の連携事業。

ベッ甲イソガイでもかつてプロのデザイナーとコラボしたことがあります。
その時感じたことですが、作り手のこちらも日々やはりデザインはします。
デザイナーから見せられたデザインが一度も作ったことのないようなもの
であることは経験上ほとんどないです。

ましてデザインがイコール売上に直結するなんてことは相当難しい
ことだというところまでは学習できています。

一般的に、デザインの分野で活躍を夢見る学生とのコラボ
ということはイメージが良いようです。

しかしプロのデザイナーとでもバランスをとることが難しい中、
学生とのコラボというものは初めから無理なことのように思います。

何を持って成功というのかわかりませんが、私の中では
「作ったものがイメージ通りの方に使ってもらえること」が
製品を作った「成功」なので、今回の産学公の事業も本当の
成功はかなりハードルの高いものだと思います。

上記の文章を読むと
「それが分かっていて、じゃあなんで学生とコラボするの?」
と思ったことでしょう。

作り手も時には通常作らないものを作ってみたくなるもので、
もしかしたら今まで作ったことのないものが出来るかも?
というわずかな可能性に賭けてみたくなるのです。

そんなこんなを考えた挙句、
今年度の「産学公」のプロジェクトの製品は完成し、
パンフレット用の写真撮りを先週することができました。



今回の製品は2月6・7・8日に東京ビックサイトで開催される
「Gift Show」で発表しますので、今回のブログでは製品の写真は
アップしませんが、「Gift Show」の後、製作の苦難の道の話
とともにご覧いただきたいと思います。

何ができたか?お楽しみに・・・・


正月恒例、浅草歌舞伎

 記事担当:磯貝剛


日本人には着物が似合う。

そんな事をつくづく感じさせてくれるのが
正月恒例、浅草歌舞伎を見に来た方々の
自然な着物の着こなし。

私の拙い行動半径で行くと「成人式」や「卒業式」
以外ではあまりお目にかかることのない女性の着物姿。
浅草で店を始めて以来、正月のちょっとした楽しみでもあります。

着ることの大変さや、動きにくさはきっとあるのでしょうが
その人その人の好みがわかる「柄」や「色」。
見ているこちらの心も華やぎます。

もちろん浅草には通常から着物で散歩される方が
いらっしゃるのですが歌舞伎を見る前だったり、
後だったりすると自然と皆さん笑顔になっています。

ベッ甲イソガイについでで入ってきた方も店内を
明るい雰囲気にしてくれるのです。

今年の目玉は市川海老蔵さん。

「急きょ休めたので、海老蔵を見たくて当日券を買った。」というお姉さん。
「昔の歌舞伎と違う」と酷評のおばあちゃん。、
強い個性に皆さんの期待も大きいようです。

もう浅草の正月の風物詩となった歌舞伎。
1月27日までです。


人々の列


皆さま、
新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎え、ゆっくり正月を満喫した方、
家族サービスをした方、仕事をしていた方・・・・・
さまざまな過ごし方をしたでしょう。

ベッ甲イソガイのメンバーと言えば、
浅草店も亀戸店も例年通り、
年明け早々の1月1日から初売りでした。

(※写真は行列前の静かな時間帯です)

亀戸店は正月恒例の風景となった「参拝の行列」。

三が日のお昼ごろから天神様の庭が、
人・人・人で飽和状態になり
危険防止のため、池にかかる太鼓橋の手前で
入場制限をするのです。

その列の長さは参道はおろか、蔵前橋通りを
亀戸駅方面の結構な距離になるのです。

当然、参道入り口にあるベッ甲イソガイ亀戸店
前は人の列で皆さん身動きがとれません。

店内からは「人々の列」を。
人々の列からはベッ甲イソガイの「店内」を。
ちょっとしたみらめっこみたいな状態。

きっと店内の光景は「水族館の水槽」みたいに
見えてるんだろうな。そんなことを考えてしまいます。

亀戸天神のお正月の雰囲気はかなり長く、
1月25日の「うそかえ神事」のあたりまで
おめでたい雰囲気が続きます。

来たことある方も、無い方も天神様のご利益
をあやかりに来ては?

その時はベッ甲イソガイにもぜひお立ち寄りください。



プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集