| blog top |

今年もありがとうございました!

 記事担当:磯貝剛

ベッ甲イソガイでの今年を振り返ってみると
やはり東京スカイツリー開業と同じ日に
リニューアルしたことでしょうか?

同時に「ベッ甲イソガイ リニューアルオープン展」も
浅草・亀戸の各店舗で開催することができました。

このリニューアル。
「鼈甲磯貝」から「ベッ甲イソガイ」と
・カタカナ主体の表記の変更。
・ロゴの変更。

ロゴ変更に伴う
・暖簾の変更
・ステッカーの変更
・名刺の変更・・・・

他、色々な変更をすることになりました。

こうした「外」に対して変更することは
「新しくなったね。」「可愛いロゴだね」「名刺が変わったね」
など良い印象を与えることができもちろん良かったことです。

リニューアルから約半年が立ったこの年の瀬。

もうひとつ、そして、いちばん期待していた変化がじわじわと
効果が表れてきているような気がします。

それは見た目ではほとんどわからない「内」側の変更。

まだ拙いですが、少しずつ「ベッ甲イソガイ」のチーム力
がでてきているような気がします。

この低迷の続く世界で、ほんの少しでも
「良いな」と思ってもらえるべっ甲の製品を作るためには
まず、作り手みんなが楽しくチームで行かねば!と思います。

今年ももう少しで幕を閉じますが皆さんどのような年だったでしょう?

そして、来年も楽しいことを見つけながら日々生活出来たら・・・・
と期待します。

では良いお年を!!!


研修旅行2

記事担当:磯貝剛

バスは東名をひた走り1時間足らずで富士山が見えてきました。
今年はこの時期としてはちょっと多めの雪化粧らしく
真っ青な空との色の差が、より美しい稜線を際立たせていました。

まずは安藤広重美術館。

今回の研修旅行には版画の職人は参加していないけれど、
実演などではよくご一緒するので、皆「にわか版画職人」目線で、

「刷り師が多くても、版木を彫る彫り師が少なくなっていけねえ。」とか
「枚数多くするとしても、版木を長持ちさせるためにいっぺん
に刷ることはねえんだ。」とか
見学人自らの解説付きなのも楽しいところです。

昼食は桜エビが名産と聞いていたので
メニューは
「桜エビの佃煮」「生の桜エビ」「ゆでた桜エビ」「桜エビのかき揚げ」
「桜エビのしゅうまい」・・・・と「桜エビ三昧」に舌鼓を打ちました。


その後、駿河の工芸を見たり、ホビーセンターなどに立ち寄りました。

盛り沢山の研修を終え、夕方バスは今夜のお宿へ・・・

旅行前頂いたパンフレットは
「駿河湾から富士山を望む絶景の宿!」をうたった作り。

若手職人連中では「大体パンフレットって誇張してんだよね」
などと言っていました。

ホテルの玄関前に止まりロビー前からの景色に
思わず先ほどの戯言を謝りたいほどの絶景!

この宿は駿河湾を望む断崖絶壁に立っていて
海岸線の程よいカーブの先には日本一の富士山が見えます。
あまりの絶景に自然とカメラのシャッターを切ってしまいます。

そして富士を見ての感動のひとっ風呂あとはお楽しみの夕食!

おなかぺこぺこで宴会場に着席。
ここでも駿河の名産「桜エビ」「桜エビ」「桜エビ」・・・・
今日はずいぶん「桜エビ」を頂きました。

翌日は久能山のロープウェイに乗り東照宮へ
雰囲気はやはり日光東照宮と似ていて重厚な色遣いが
とてもカッコいいです。また、山肌に建てられているため
とても階段が多いのも印象的な神社です。

正直この階段「お年寄りには厳しいなあ」
という印象のところですが、

80才になる最年長、某たんす職人はビデオカメラ片手に
実況しつつ最上部の徳川家康のお墓までズンズン上がっ
て行きました・・・・とても元気です。

その後昼食は当然「桜エビ」三昧!
この旅行で何匹の「桜エビ」を食べたのかが気になりつつ帰路へ。

駿河の工芸、仲間との交流、日本一の富士山、生涯現役の気骨。
そして「桜エビ」と盛り沢山な研修旅行でした。


年末・年明け営業のお知らせ

 ベッ甲イソガイ 浅草店 亀戸店の

【年末休み】は
12月26日(水)〜30日(日)とさせていただきます。

【年明け】は
1月1日、から営業いたしますのでぜひお越しください。
浅草店 10:00〜19:00
亀戸店 10:00〜18:00

※なお1月2日の第一水曜日も臨時営業いたしますのでよろしくお願いいたします。

web shop メガネの取り扱い開始


ベッ甲イソガイ web shop
でも【メガネ】の取り扱い開始します。

是非、ご覧ください。
また、お気軽にお問い合わせください。

 

研修旅行1

 記事担当:磯貝剛


先日、富士山を見る機会がありました。
久しぶりに見る美しいその景色は、
あらためて「日本」というものを感じさせてくれました。

正直、行く前はちょっと気遅れ気味でした。

というのは
「東京都伝統工芸品産業団体連絡協議会 秋の研修旅行」
というちょっと長めの名称からも感じ取れるように
東京の伝統工芸を担う方々が集う研修旅行だったからです。

大先輩の方々のなかでどうふるまうか?
想像しただけでも気が重い・・・・
その反面お世話になっていて声をかけて頂いて・・・・・

グジグジ考えた揚句、とりあえず「出席」に○をして返信しました。

結果から言いますと「参加して良かったー」の一言に尽きます。

朝8時、浅草に集合した一行、
上は80歳の元気なたんす屋さん、下は38歳の私まで
大型バスに乗り込みました。

生涯現役!
という言葉は職人の世界では普通に受け入れられるもので

バスに乗り込んだ一行の最年長。
80歳の某たんす職人の大先輩は揺れるバスをモノともせず
「男前の職人衆がバスに乗り込みました!」
とナレーションを入れつつビデオカメラを片手に
一人一人撮影を始めました。

また、この研修旅行の発起人は、東京で知らぬ人はいない某すだれ職人。
このメンバーの中3番目の年長者ですが
「不景気の中でこそ元気に行動しようぜ!」と
若者以上の元気さと行動力・・・・・


・・・・もったいぶるわけではないのですが、
   珍道中は来週アップします。


浅草 この時期のお楽しみ

 記事担当:磯貝剛

寒くなるこの時期、毎年楽しみにしているイベントがあります。

ベッ甲イソガイの浅草のお店、営業時間は夜の7時まで、
夏の時分シャッターを閉める時間でもまだ明るいものですが
寒くなると日に日に日が短くなり、この時期5時過ぎから
「あっ」という間に暗くなってしまいます。

浅草店のあるオレンジ通りは日中、人通りのある賑やかな通りです。

それが日が暮れて、明るい店内から表を見渡すと、
向かい側の店舗の明かりが煌々と灯り、
それとは対照的に歩いている人々が
「シルエット」になり見えなくなります。

明と暗。
その落差にどことなく寂しさを感じるものです。

上のウンチクから予想できる方もいるかとは思います。
私の楽しみにしているイベントとはオレンジ通りの
「イルミネーション」です!



もちろん、表参道のイルミネーションや、スカイツリー
のイルミネーションとは比べる規模ではないのですが、

「シルエット」しか見えなかった、歩いている人々が、
通りのイルミネーションを見てうれしそうに微笑んでいるのです。

「あー、この通りイルミネーションやってるんだ。」とか
「キレイ〜」という声を聞くとやはりうれしいものです。

賛否はもちろんあります。

でもこのイルミネーションを見て人々の気持ちが和んでいる。

通りの方々、なかなかやるじゃん!と
声に出さず、ひそかに感謝している私です。


あの日の帰り道

 記事担当:磯貝剛

最近では浅草に自転車で行くことが少なくなりましたが
浅草の店を始めて間もない頃マウンテンバイクに乗って
通勤することが私の中で流行っていた時期がありました。

自転車だと車では通らない細い道も開拓でき,
通勤コースもその日の気の向くままに楽しんでいました。

そんなバリエーションに富んだ通勤コースの中で、
「命がけコース」と私の中で呼ぶ印象深い道があります。

業平橋駅から押上までのおそらく500m程の川沿いの直線道路。

コンクリート工場の出入り口があり、路面はデコボコ
人が歩くことはまず無く、ほぼ道馴れた車が通るのみ。

ほぼ車しか通らないのでなので皆さん結構飛ばします。

そんなダークな印象のコースですが、時折、
自分の限界に挑戦したくなるもので(何故か疲れた帰り道が多かったです)
気が着くと「命がけコース」につながるルートを走っていました。

暗がりの中デコボコ道を疾走していると、

「ゴゴゴゴ……」

迫力のあるエンジン音と共に後ろからコンクリート工場の
タンクローリーが…

これが「命がけコース」の醍醐味で、直線道路を
「はあはあ」言いながら走り切った後の満足感がなんとも言えないのです。

何も全力で走ることもないのですが、
道幅の狭さと、追われている恐怖感、速さへの挑戦から
「命がけコース」では自分の持てるスピードのすべてを
出し切ることにしていました。

そんな浅草からの思い出深い「帰り道」。
久しぶりに自転車で通りかかると

今はそこにはスカイツリーが建っていました。

かつて「命がけコース」と呼んでいた直線道路は
クリスマスのイルミネーションで彩られた
なんとも安らぐ帰り道になっていました。


ベッ甲イソガイ face book 公開始めました 

 現代の短文投稿=face book

ベッ甲イソガイface book始めました。

 スマートフォンはこちらから

「いいね!」お願いします!


2012 Christmas limited

 2012 Christmas limited

assort pearl
 ピアス(k18)10,500円  イヤリング8,400円
 
人気のassortシリーズから
 クリスマス限定商品の登場です。
 スノーホワイトをイメージした
 「真珠」バージョン

浅草・亀戸・Web Shopにて販売開始です。

浅草店 店長日記4

記事担当:磯貝大輔
 
ベッ甲イソガイ浅草店は、只今マンションの修繕工事中です。
(お店は、営業中です)

建物も時がたつと老朽化してきますが、
補修してあげると、物は長く使えます。

僕達も古くなったべっ甲の磨きやリフォームなど、
お客様からまかせて頂き誇りをもって加工させて頂いております。

使った物には、その方の背景まで見えてくる時があります。

物を大切にする心は、人間が生きてきた証だと思います。



プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集