| blog top |

擬人化する動物


記事担当 磯貝剛

我が家には半年前から新しい家族として犬が同居しています。

もともとネコ派だった私も、世に言う犬の魅力に引き寄せられてしまい
夜寝るときなど一匹で哀しそうに見えるときなどは
すぐ隣の部屋に布団を引いて寝てあげたり
事あるごとにブラッシングしてあげるまでになってしまいました。

作業の合間に連れて行かざるを得ない散歩なども、
自分のリフレッシュにもなって喜んでいる次第です。

動物にも嬉しい、悲しいの感情があり、身近に接していると、
「今の会話の意味分かってるよね!」という反応を目にしたり、
誰も居ないときにゆったりくつろぎながらテレビでも見てるんじゃないか?
と、ワンちゃんを擬人化して思ってしまう事が間々あります。

飼い主の勝手な願望なのですが、そうだったら面白い
と皆が思っていることなんだと思います。

それは昔の人々も一緒で、巻物や浮世絵でも描かれていたりして嬉しくなります。






密かに作品作りにも活かそうかと思案中なのです。

作り手のご縁



記事担当 磯貝剛

「楽しんでものづくりをすること。」

現在ベッ甲イソガイでは父を筆頭に兄弟3人がべっ甲作りに励んでいます。
ありがたい事に皆、楽しんでものづくり出来ているようです。

べっ甲の業界は、特に材料の問題がありこれからどうなるのか
業界全体が慎重に舵取りしながら進んでいるという状況です。

業界自体がこういう状況なので、
運良く(?)、師匠の父の元、兄弟3人がべっ甲作りをしている我々は、
しばしば「能天気」と、とらえられる事がありました。

冒頭のイラストは、美術大学で絵の勉強をした若い女性に描いて頂いたものです。
コンピューターを使って絵を描いていく技法があるそうで、
説明してもらった時は「フムフム、そうやって描くのか。」と頷いていた私ですが、
実際どうやって描くかは全然理解できていません。

私以外のベッ甲イソガイの作り手とは会ったことが無いにも関わらず
何となく各々の性格まで滲み出ている仕上がりです。

しかも何よりも「楽しんで、ものづくりしている」感じがよく表現されています。

餅は餅屋。
と言いますが、その道の人に委ねでみると、
やはり自分の想像したものを上回ります。

秋から冬にかけ、来年の支度に焦りを感じている私は
このイラストのように楽しんでものづくりしたい!
と、改めて思ったところです。


亀供養

記事担当 磯貝剛



毎年の事なのですが、べっ甲の業界の者にとって大切な行いが、
この時期にあります。

浅草 浅草寺の伝法院にて執り行われる「亀供養」がそれです。

我々べっ甲の作り手にとっては素材となる亀さんに対する供養、感謝。
そしてべっ甲に携わっておられ、その年にお亡くなりになった仏故者の供養。

やはり大切な行いです。

そして亀供養が行われる伝法院に入れる事も、特別な趣を高めてくれます。



通常、法要の人々しか入れないので、浅草寺の喧騒が嘘のように静かですし、
その年によっては紅葉が綺麗に楽しめたり、
国の重要文化財の大書院でお食事をいただけたり、ありがたい限りです。



池のほとりにある玳瑁供養の石碑にお参りし、
午後には工房に帰り、心を新たにべっ甲の製作に集中できました。



伝法院は普段は非公開なのですが、不定期に特別公開もされています。
ご興味御座いましたらこまめにチェックしてみて下さい。
一見の価値ありですよ!

リビングのイベント



記事担当 磯貝剛

密かに(?)参加しているイベントは水曜日に始まって
本日土曜日で4日目、半分折り返した感じです。

実は今回のイベント、前面にはリビング関係のアイテムしか展開してはいけない。
という縛りがあり、アクセサリーをメインの商材としているベッ甲イソガイとしては
結構苦手、というかやったことないルールの中でのイベントとなりました。

普段のイベントと同じく1週間なのですが、実に半年程前から
とても気になるし、実際リビングアイテムも作らなくてはならず、
常時このイベントでの展開を考えながら過ごしていました。

単にその場に合わして飾るだけでは絶対に失敗するのが分かっているので
ルールに乗りつつ成果も得られるように準備してきました。

と、いう経緯もあったので、成果も出て来て正直とてもホッとしています。



写真のような(サンマに飛びつくネコのブックマーク)、変わったアイテムも評判が良く、
靴べらや茶杓、お菓子切り、耳かきなども良く売れて嬉しい限りです。

産学公で大学生とコラボして作った、べっ甲ランプも紹介できました。
30枚のプレートを惜し気もなく贅沢に使っていることに皆さん感動してくれています。
これも嬉しい事です。

もちろん、裏手ではしっかりとお得意のアクセサリーも並べており、
そちらも大好評で、ようやく変な緊張感からも解放されました。

明日も良い出会いがあると良いなあ。

「はやぶさ」のリーダー

記事担当 磯貝 剛



先日、小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを
務めていた川口淳一郎の講演会を聴く機会がありました。

「はやぶさ」が小惑星からサンプルを採取する偉業を達成した後、
数本の映画が作られました。

その映画製作に関わった知人から映画のチケットを頂いたのがきっかけで
はやぶさに興味が湧き、少々本を読んだりしました。

そんな過去があったので、地元にそんな凄い方が講演に来てくれる
と知り、即座に予定の調整をしました。

一言でいうと、「参加して良かった」です。

「はやぶさ」が日本人ならではの技術の結晶であることや

日本は宇宙とどう関わりを持つべきか?
他国と差別化を図るべく熟考した結果の
小惑星でのサンプル採取という目的であったり

宇宙開発に置ける人材育成も我々ものづくりの現場と同じく
親方徒弟の考えかたが有効であることなど。

途方もなく関係ないと思える宇宙の事を
とても身近に、ユーモアを交えてお話してくれました。

やっていることは違えど、あんな情熱的に仕事に取り組みたい!
とやる気を注入してくれた講演会だったのです。


かんざし 沢山出来ました。



記事担当:磯貝剛

ベッ甲イソガイでは
一年中いろいろな品物を製作し
一年中店舗で販売をしています。

日々お客様が気に入った品物を選んで行かれるので
ピアス、イヤリング、などのちいさなアクセサリーから
ネックレス、ペンダント、ブローチ、
かんざしや帯留めなどの和装小物など
あらゆるアイテムも網羅すべく一生懸命モノづくりしています。

そんな中でかんざしは春先と、秋口に
探してご来店するお客様が多いようです。

結婚式や、授賞式などのおめでたい場面が多いからでしょうか。

着物を着る機会にべっ甲のかんざしをお着け頂けているようで、
日本文化の面からも作り手としては大変うれしいことです。


今回、結婚式やお祝い事の席で人気のパールを付けたかんざしを多く作りました。
特に黒甲にパールをあしらったものは癖がないので合わせやすく
一本持っていると使う機会も多いそうです。


また、べっ甲の自然な色合いを生かした彫りのかんざしなどは
着物とのバランスをうまくイメージしてお選びいただいているようなので
かんざしも他に数種類持っている、かんざし上級の方だと推測されます。


また、白甲のかんざしに彫ったものなどは
作り手自身もほれぼれしてしまうのです。

プライスが付きましたので
明日土曜日から浅草、亀戸店に並びます。

べっ甲のかんざしお探しの方、お気軽にご来店してみてください。

フクロウの置物

記事担当 磯貝剛

他の作り手が作ったものに「ほー、良く作ったものだ」
と、感心する事は良くあること。

試行錯誤して丁寧に作られたものを見て、私も気合いが入ります。



今回縁あって写真のフクロウの置物を目にする機会がありました。
もちろん2匹ともべっ甲製です。

土台となる木型自体を作り手自身で削り出しているそうで
だいぶ数を製作しているんだろうな。と想像できます。

見ているうちに引き込まれてしまい、譲ってもらうことになりました。

そんな経緯もありフクロウ君たちは、しばらく浅草店におります。

当工房の製品とはひと味違うべっ甲の素材の使い方
作り手としては面白いと思いますし、勉強になります。

気になる方はご来店頂ければ会えますよ!



楽しみなご注文2



以前「楽しみなご注文」というタイトルでブログを書いたのですが、
C型のブレスレットがようやく仕上がりました。

べっ甲の土台を完成させてから、更に蒔絵師の手が加わるので
蒔絵師から送られて来た荷物をあける時はとてもワクワクします。



待ちきれず移動中の車の中で確認してしまいました。

すごく良い感じです。

楽しんで使って頂けるといいなあ。。

三越日本橋本店



記事担当 磯貝剛

只今、三越日本橋本店に出店中です。

周辺にはコレド室町が出来て今まで馴染みのなかった方々が来たり
日本橋の再開発などが加速しているようで
私が持っていた数年前の印象もすでに古くなっているようです。

小売業の面でいうと古くから日本のリーダー的な存在の三越日本橋本店ですので、
作り手ですが、小売業の端くれでもありますので興味深々です。

ほんの数年前に目にした銀座界隈の急変にはゾッとした記憶があり、

日本橋界隈がどのように変化していくのか?

日本橋も止めようのない大きな渦の中にあるような妄想が膨らんでしまいます。


そんな余計な心配もしつつも、
いち作り手の私は粛々と自分の仕事をするのみなのですが、、、、、


今回は三越さんのご厚意でエスカレーターの脇などの
店内の色々なところにポスターを貼って頂けました。

その甲斐あってか、ベッ甲イソガイならではのアクセサリーを中心に
とても多くのお客様に楽しんでいただいてます。

ここ数年取り組んでいる「カジュアルに使えるべっ甲アクセサリー」の提案が
あたたかく受け入れられている実感があって嬉しさが止まりません。

あと数日ですが三越日本橋本店を楽しみたいと思います。


ヤモリを切る



記事担当 磯貝剛

出張先で思わず作りたくなったので、手画きのヤモリを、
べっ甲素材にペタッと貼って切り始めました。

前に作って評判が良かったけれど切り回しに手間がかかるので
しばらく作っておらず、欠品が続いていました。

今、作りたい形でスケッチしたので以前と微妙に形が違います。
ちょっとしたバージョンアップです。

一つ切り回しては、また手画きでヤモリを描き、またギコギコと切る。
手間のかかる作業も時間に余裕があるととても楽しいもので
次々にヤモリが切り上がって(?)いきました。



工房に戻って、他にやることがたくさんあるにも関わらず
好きな作業は優先させてしまうもので、、、、



案外良い感じに仕上がりました。


プロフィール

浅草・亀戸べっ甲職人の店「ベッ甲イソガイ」のオフィシャルブログです。

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集